心と体を整えるロジカルヨガ

こつこつ勉強の整理・記録(水曜更新🇧🇪)

#13 手の小指、使えてますか?

 

こんにちは。

ヨガインストラクターのuriです。


前回は「足の小指」でしたが、今回のテーマは「手の小指」。あわせて脇周辺の筋肉群も勉強していきます。

f:id:uri-blog:20191009011726j:image

designed by freepik.com


◻️「小指」って、普段使えてないかも?

以前通っていたパーソナルトレーニングジムで教えて頂いたことです。(ミスユニバースの指導もする有名なジムです)

 

「二の腕を細くしたい!」と伝えたところ「ハンドバッグを持つ時に、小指をぎゅっと握ってみてください」


とのアドバイス。理由は分からないまま、早速小指に力を入れてみると…脇の下がきゅっと締まる感覚が!

f:id:uri-blog:20191009011812j:image

designed by freepik.com


◻️二の腕を引き締める筋肉とは?

「二の腕を引き締めたい!」と思った場合、二の腕そのものを細くしたい!というのはもちろんですが、


その下にある脇のお肉(ハミ肉)も要らないなぁ…と思いませんか?ということで、脇周辺の筋肉「小円筋」にも着目していきましょう。


話を戻すと…小指に力を入れた時、連動して力が入ったと感じた部位は「小円筋」のあたりでした。(もし解剖学的に間違っていたらご教示ください。)


小円筋は回旋筋腱板(ローテーターカフ)と呼ばれる筋肉腱群に属しており、三角筋と僧帽筋の内側に隠れている部位です。なんだか鍛えづらそうですね…!

f:id:uri-blog:20191009021052j:image

 

小円筋は、主に肩関節の外旋(腕を90度に曲げ、肘から下を外側へ動かす動作)と伸展(体よりも後ろに下げる動作)を担当しています。


小指をぎゅっとすると、かすかではありますが、腕に外旋方向の力が働くように感じませんか?

 

以前取り上げた「ストレートネック」とも関連するのですが、現代人は巻き肩が多いのではないかと思います。巻き肩=腕が常に内旋方向、ですよね。

 

さらにスマホをはじめとして親指を多く使うため、小指を使う機会があまりない=腕が外旋方向に向くチャンスが少ない、と言えるのではないでしょうか。


(↑調べてもピンポイントな情報が得られなかったので、あくまで私の考察ですが)

f:id:uri-blog:20191009015658j:image

designed by freepik.com


「あまり小指を意識したことなかったな」という方は、ぜひヨガの一つ一つの動作時に小指側に意識を向けてみてください。


例えば、指をピーンと下に下ろす時。5本の指で床をとらえるとき。小指側を意識するだけで、「小円筋」など、いつもと違う筋肉が活性化されるかもしれません!