心と体を整えるロジカルヨガ

こつこつ勉強の整理・記録(水曜更新🇧🇪)

#11「ストレートネック」の怖さ

 

こんにちは。

ヨガインストラクターのuriです。


今回は、現代病とも言われる「スマホ首」、ストレートネックについてお勉強します。

f:id:uri-blog:20190925012521j:image

designed by freepik.com


◽️頭を支えているのは、どの筋肉?

頸椎の後面にある僧帽筋群です。これらが後頭部を下方に引っ張ってくれているおかげで、私たちの頭は正面を向くことができます。

 

もし周囲に支える筋肉がなかったとしたら、重たい頭は前方へと倒れこんでしまいます。

f:id:uri-blog:20190925012645j:image


日常生活の中で「首を後ろへ反らす姿勢」というのは、まずありません。スマホをはじめ、デスクワークも家事も、基本的に前傾姿勢です。


そうすると頸椎の前方凸のカーブは失われ、直線状、ストレートネックといわれる状態になります。下方を向き続ければ、頭を支え続けている僧帽筋を始めとする筋群も疲れ、肩こりが生じます。

f:id:uri-blog:20190925012750j:image

designed by freepik.com


◽️ロジヨガでサポートできること

僧帽筋群は首が起始で、背中側が停止。

首と背中が近づくことで体を反らし、起始と停止が縮む後屈ポーズによって鍛えることができます。

f:id:uri-blog:20190925012849j:image

designed by freepik.com


コブラを行う際は、僧帽筋群を腰方向へ下げ、顎を引き首をまっすぐに保つことを意識。頭頂が天井方向に引っ張られ、それに連動して胸が開く感覚です。


お尻に力が入りすぎないところまで、お腹と背中の力を使って上体を持ち上げてみてください。


慣れてきたらとっても気持ちいいので、ぜひ定期的にしてみてください!カウンターポーズのチャイルドポーズも忘れずに!